『花屋の倅と寺息子』シリーズ 最新刊発売記念特集

『花屋の倅と寺息子』シリーズ 最新刊発売記念特集

ストーリー

ドSとビビりの大人気オカルトキャンパスライフ!

人懐こくてビビリの花屋の息子・高爪統吾と、無愛想でドSな寺の息子・柄沢悟は同じ大学に通う友人同士。正反対の性格の二人だが、実は霊が見えるという共通点がある。幼少期の苦い思い出からそのことを隠している悟だが、ある日騙されて参加した合コンの帰り道で統吾と一緒に男の霊に出会う。「手紙……」そう言い残して霊は消えたが、翌日、二人は同じく合コンに参加していた女子大生・遠山美波の背後にその霊が立っているのを視てしまい――。

北海道が舞台の大学生のちょっとオカルトな日常を描いた大人気シリーズ! 最新刊4巻では迷子の幽霊の身元捜しをすることになり……。

 

登場人物

柄沢 悟

柄沢 悟 からさわ さとり

誕生日:10月3日 血液型:O型 家族構成:父、二歳下の弟

絹子川学院大学・文学部人文学科の大学生。大学入学のタイミングで絹子川市に引っ越してきた。まじめで冷静だが、気に入っている相手はからかうドS気質。実は喧嘩っ早い。霊媒体質で霊は見えるが、除霊はできない。守護霊のおかげで守備力は高い。中学から高校は剣道をしていた。母親亡き後、積極的に家事をしているのでサークルには所属していない。

高爪 統吾

高爪 統吾 たかづめ とうご

誕生日:4月15日 血液型:AB型  家族構成:両親、二歳上の姉

絹子川学院大学・文学部人文学科の大学生。明るくて人懐っこい性格。霊媒体質で霊が視えるが、怖いものは苦手なビビり。偶然、悟も霊が視えることを知り、大学入学前から友人になった。家が生花店を営んでおり、時間があるときには手伝いをしている。バンドサークルでボーカル兼ギターを担当している。音楽好きの悟が一目置くほど歌が上手い。メンバーは同じ学年の七瀬牧穂と旭成次郎。

種岡 亮太

種岡 亮太 たねおか りょうた

文学部人文学科の大学生。霊感がなく、ビビり度は統吾と同レベル。

矢尾 あすな

矢尾 あすな やお あすな

経済学部経済マネジメント学科の大学生。種岡の幼なじみ。きっぱりした性格。

遠山 美波

遠山 美波 とおやま みなみ

経済学部経済マネジメント学科の大学生。自殺した恋人がきっかけで、悟たちと友人になる。

七瀬 牧穂

七瀬 牧穂 ななせ まきほ

経済学部経済マネジメント学科の大学生。統吾のバンドのベース。

旭 成次郎

旭 成次郎 あさひ せいじろう

福祉学部臨床心理学科の大学生。統吾のバンドのドラム。なぜかオネエ口調。

柄沢 瞑

柄沢 瞑 からさわ めい

悟の弟で霊媒体質。木綿陸高校の高校生。素直で明るい。人懐っこい性格で物怖じしない。

千倉 燿

千倉 燿 ちくら よう

暝のクラスメイト。爽やかで人当たりがいいが、実は警戒心が強い。悟になついている。

高爪 皐月

高爪 皐月 たかづめ さつき

統吾の姉。統吾とは別の大学の経済学部の大学生。気が強くサバサバした性格。

柄沢 一世 からさわ かずよ
悟と瞑の父親で寺の住職。46歳。霊感は家族の中でもトップ。独身。

柄沢 静香 からさわ しずか
悟と瞑の母親で、もともと体が弱く、若くして亡くなった。

 

書店様おすすめコメント

シリーズの途中からでも楽しく読む事が出来るのは、連作短編形式で物語が進んでいるのと、なによりもそれぞれの登場人物のキャラクター設定がしっかりと作られているからなんだろうなと思います。

人の心に触れて、その人に充足した幸せをもたらすためには、特殊な能力や技術なんて必要ない。力を持つ者は、力ない者の肩を、そっと押して勇気を与える一助を担えれば良いのだと思う。 本作は、人の心の救済を描いた、魂の物語という側面も持っているのではないだろうか。

世代を越えて一人でも多くの方に読んでもらいたい、これからの展開が楽しみなシリーズの一つです。

文教堂書店青戸店 青柳 将人様

 

作家Q&A

特集を記念して、葛来先生に気になるアレコレを伺ってみました!

 

Q.小説を書きはじめたきっかけを教えてください

小説を書き始めたきっかけはシンプルに「話が浮かんだから」です。
初めて小説を書いたのは小学校高学年だったのですが、その時は幼なじみとの何気ない会話から物語が出来上がって、一気にノートに殴り書いたのを覚えています。
それを母親に見せたら私の作品を凄く褒めてくれたし、とても感動してくれました。
あの嬉しさが忘れられないから今でも小説を書いてるのかもしれません。
あと、小学生の時と中学生の時に自分にとって大きな喪失体験をしており、それに対して抱いた自分の複雑な思いが制御できず、その気持ちを吐き出すために書いていました。
「花屋の倅と寺息子」はその頃の自分ともう一度向き合うために書いたのですが、まさか書籍化されると思ってなかったのでお話をいただいた時はとても驚きました。

 

Q.書籍化の話が来た時の感想をお聞かせください

正直、凄く戸惑いました。
勿論自分の作品が認められたことは嬉しかったのですが、小説を書いていることを誰にも言っていなかったし、墓場まで持っていく気満々だったので「本を出す」というよりかは「小説を書いている」ということを周りにカミングアウトするほうが怖くて仕方がなかったです。
でも、いざカミングアウトするとみんな幻滅どころか応援してくれたので、心置きなく挑戦することができました。
あの時、私の背中を押してくれた人たちには感謝してもしきれません。

 

Q.実際にデビューしてみて、何か変化はありましたか?

小説を書いていることを隠す必要がなくなり、色々と吹っ切れたのでとても気が楽になりました。
特に姉は「自分のことを話すようになったよね」と私の変化に驚いていました。
また、デビューしたことにより素敵な出会いに恵まれたことがいい刺激になったのか、自分自身に向上心が芽生えました。
創作に関する相談ができる仲間もできたし、本当に挑戦してよかったと思っております。

 

Q.小説を書くにあたって必須なアイテムはありますか?

ズバリ、音楽です。
中には好きな曲からインスピレーションを得ることもあるので、音楽は欠かせません。
物語のイメージソングができたのならば、その曲を聴くだけで情景が浮かぶようになるのでプロットの必要もなくなります。
そのため作業中だけでなく、移動中や家事をやっている時なども曲をかけているので我が家では一日中音楽が流れています。
あとはグミと温かいお茶ですね(笑)
糖分を取っていないと集中力が続かないので、原稿をやっている時はずっと食べながら作業してます。

 

Q.悟や統吾にモデルはいますか?

悟のモデルはいないです。彼の弟である瞑と正反対の性格にした結果、あんな感じになりました。
統吾のモデルは従兄です。幼い頃から彼の不思議な体験談を聞いていたので、自然と彼がモデルになってしまいました。
統吾がバンドマンなのもその従兄の影響です。
でも、今はもう完全に統吾のアイデンティティが出来上がってしまったので、だいぶ従兄とかけ離れてしまいました。

 

Q.『花屋の倅と寺息子』シリーズで、ご自身が気に入っている話はありますか?(書籍に掲載済みの作品からお選びください)

2巻に収録されている「旭成次郎とマユリちゃん」ですね。
旭がお気に入りのキャラクターだということもありますが、この話を書いて自分の得意な傾向が掴めたように思えます。
あと、書いていて楽しかったのは1巻に収録された「高爪統吾と迷いの森」です。
記念すべき初めての統吾メイン章なのに手前の「柄沢悟の昔の話」がシリアスすぎて疲れたので、それを発散するかのように好き勝手やらせていただきました。
でも、あまりにもやりたい放題しすぎて無法地帯だったので、書籍版では自重しましたね。それでもだいぶ遊んでいましたが(笑)

 

Q.プロフィールには「霊感は一切ない」とありますが、もし幽霊が視えてしまったらどうしますか?

考えたくないですね……一人ではホラー映像見れないくらい怖がりなんですよ。
中学生の時に学校でお泊まり会を行ったことがあったのですが、そのレクリエーションでやった肝試しですらビビりすぎて1人だけスニーキング状態でしたからね。
あれが日常的になることを考えると暮らしていけないです。
ずっとスニーキングすることになります(笑)

 

Q.ついにシリーズ4巻目になりますが、今後、このシリーズで書いてみたいシーンなどありますか?

書きたい話はたくさんあるのですが……SKYHIGH文庫作家の1人として、ミステリー寄りの章を書くことが今の目標です。
ミステリーなんて私には無理だと思っていたのですが、SKYHIGH文庫の作品を読んでいるうちにミステリーにもいろんなジャンルがあることに気づきました。
きっと王道のミステリーはそれが得意な作家さんがやってくれるので、私にしか書けないような「私なりのミステリー」を書けたらと思っております。
あとは統吾の小学生時代の話ですね。悟はよく昔の話を書くのですが、統吾ではあまり書いていないので。
でも、「出し惜しみをしない」のが私のモットーなので、多分そのうち書きます。

 

Q.最後に読者の方へのメッセージをお願いします

いつも読んでくれてありがとうございます。
みなさまのおかげでここまで来ることができました。この場を借りてお礼申し上げます。
巻数が進むに連れてどんどん逞しくなる統吾と優しくなる悟ですが、この先も彼らは困難を乗り越えるたびに成長します。
私も彼らと一緒に頑張りますので、これからもどうか見守ってやってください。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


おまけ

葛来奈都

毎回帯に登場するおばけちゃんはデザイナーさんが作ってくれています!  

期間限定! 特典SSセットをプレゼント!(受付終了)

今回の特集を記念して、通常、一部の書店様のみでもらえる特典SSペーパーを1〜4巻セットでプレゼント致します。

■応募方法

ご希望の方は、82円切手を必要事項を記入した応募台紙に貼り、定形封筒に完成した応募台紙を入れ、82円切手を貼って下記の宛先まで封書にてお送りください。
後日、応募台紙に記載されたご住所にSSペーパーセットを送付させていただきます。

  

※同様のフォーマットになっていれば台紙は手書きでも構いません。
※おひとりにつき一通のみ有効です。

 

応募締切:2018年4月16日消印有効

※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!
 

■注意事項・個人情報のお取り扱いについて

・商品は2018年4月中の発送を予定しております。
・商品はA4サイズのペーパーを長3型封筒に封入しての発送になります。
・応募台紙に不備があった場合、無効になります。(賞品届け先の住所の記載不足、切手の未添付、等)また、その場合、切手の返送などは致しかねます。予めご了承ください。
・お客様都合によるキャンセル・返品は一切お受けできません。
・発送は日本国内に限ります。
・初期不良、破損以外での賞品の交換については承ることができませんので、予めご了承ください。
・ご応募いただきましたお客様の個人情報は厳重に管理し、賞品の発送のみに利用します。この目的以外で許可なく第三者へ情報を提供することは一切ありません。賞品発送後は速やかに断裁し、その後6カ月を超えて保有することはありません。


※82円切手を送付頂き、送付時に料金不足と判断されたものに関しては、編集部で料金の補てんをしております。  

書籍情報